ギター萬箱 〜マニア〜

ブログやるならJUGEM
<< 暑くなってきましたね〜。 | main | 突然ですが、SUPAGROUP >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.05.30 Friday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
BEHRINGER
 先日出張で2〜3時間電車で移動〜!ということがありまして。

まぁ、そんな時の時間の使い方として普段読みきれていない
本や雑誌を読んだりするんですね。

楽器や機材系のムック本も各出版社から色々出ています、この手の本は後で買おう
なんて思ってると買いに行ったときにはすでに置いて無い〜 
ということもよくあるので、とりあえず興味あるものは買っちゃうんですが今度は読む時間がない〜と

そんなことがよくあるんですが、こういう時間に読んじゃうんですな。

ということで、先日は「THE EFFECTOR BOOK vol8」をペラペラと読んどりました。

今回のテーマは MODULATION PEDAL 。いわゆるユレ物系ですね。

フランジャーやフェイザーなんかですね。

この手の本を読んでると復習できたり、新しい最新機種のことがわかったりなかなか勉強になるんですが、気をつけないといけないのが、試奏インプレッションなんですね〜 

危険ですよ〜 

何が危険て、だって欲しくなっちゃうんだもん 

ユレ物の基本のMXRとかA/DAとか国産MAXON等はすでにチェック済みなんで大丈夫かな〜
と思ってたんですがなんと、ここでBEHRINGER 

「ROTARY MACHINE RM600」 いわゆる”あの”ロータリースピーカーの音が実現出来るらしい。
あの BARBEE BOYS の いまみちともたか さんがレビューで絶賛!

欲しいな〜、ユレ物の話をするにあたってその原点はロータリースピーカーだよな〜、あれにギター突っ込んで昔はユラシたんだよな〜、それを再現したくてフェイザーとか出てきたんだよな〜。

じゃあ、ロータリースピーカーで弾いてみたいじゃないですか、でもなかなかそんな機会は無いですよ、経験者のいまみちともたか さんがこの音だよ〜と絶賛してるじゃないですか〜。

えぇ、買いじゃないですか

ということで



あ〜、買っちゃいましたね!

注目は 



このツマミと切り替えSW

簡単に説明するとロータリースピーカーてでっかいPAスピーカーのような形で

その中に低音用のスピーカーと高音用のスピーカーが入っていてそれぞれのスピーカーが
グルグル回るんですね。
その回るスピードも変えられるんですよ。そうするとそれぞれの音が干渉しあって音がユレたり
独特の音色になるんですね。
右端がBLENDなんですがDRUMとHORNになってますがこれが低音スピーカーと高音スピーカーのバランスを決めます。
ちょいと隠れてしまってますがSPEEDのところのつまみがFASTとSLOW
これが独立して効くんですね。

実際に音を出してみると、なかなか感動ものです、高域の音と低域の音がグルングルンしてるのよくわかるし、ペダルを2秒間ホールドするとスピード切り替えも出来るし。

んん〜面白いですよ〜 

お試しするときはある程度しっかりしたアンプでしっかり音を出した方が、効きがわかりますよ。

私も家でマッチレスにつないでみて、お〜!となりました。

興味を持った方は店頭でぜひチェックしてみてね〜

【2010.07.12 Monday 23:23】 author : MANIA | エフェクター | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
【2014.05.30 Friday 23:23】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://ngca-yorozu.jugem.jp/trackback/40
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP