ギター萬箱 〜マニア〜

ブログやるならJUGEM
<< 再開?復活?大丈夫か〜 | main | 小ネタ‐1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.05.30 Friday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
弦張り〜続き〜
 皆さん弦を張るにはまづパッケージから弦を出して、袋から弦を出しますよね。

当たり前〜、なんですがここで1ポイント!

弦はパッケージに納めるためにグリングリンと巻いてあるので、巻き癖がついている物もあります(中にはちょっとヨレちゃってたり)まあ製品のパッケージ形状からいってしょうがないんですがこれをできるだけ真っ直ぐに伸ばしてあげましょう。

と言っても無理にギュ〜と引っ張ったりはしなくてもいいですよ、ぱら〜んと巻きをほどいたら軽くしゅ〜としごいて捻じれや、巻き癖を出来るだけ取っておきましょう。
これだけでも弦の素直な振動を妨げないという効果はあるんじゃないかな。

ところであのパッケージの形状大きさて大体同じ感じですよね、誰が決めたんすかね?僕がギターを弾きはじめた時からな〜んも変わってないっす。一時期巻かずにストレートなままで売ってたりしてましたがあんまり定着しませんでしたね。(ま、お店に置いておくには邪魔だもんね。)

でブリッジに弦を通して張るわけなんですが、ここでも先ほど言った弦の捻じれなどには注意ですよ。ポストに巻きつけるときにビミョーに捻じれたり、また初心者の方は弦交換に挑むだけでちょっと緊張〜なんとか巻くだけで精いっぱいなんてことも。慣れやコツもありますのでどうもうまく張れませ〜んという方学校の体験入学なんかへ遊びに来てください、お教えしますよ!

ブリッジに通した弦をポストの方へ軽くしごきながら捻じれをとり持ってきます。
さあペグに巻きつけていくわけなんですが、いったいどれぐらい巻いていけばいいのでしょうか?
やっぱり適切な巻き数というものがあるんですね。
少なすぎると最悪弦が外れたり、ゆるんだり。多すぎるとチューニングの安定性に問題が出たり。
一般的にはペグポストに2〜3巻きを目安に巻いていきます。


この2〜3巻きというのがなかなか曲者ですよね。
ちょいと頭のいい方はペグポストの径を測って計算すればうんぬんかんぬん....と申しますが。

ペグの種類、ギターやベースの種類によって若干変わってきますが、ギターの場合大体ペグ2〜3個分ぐらいを目安にするといいかと思います。

が、実はこんな物もあるんですよ



はいESPから出ております「STRINGER」

右の方に穴が開いてるでしよ、ペグをその穴に通して書いてある数字のところで巻いていけばその数字の回数ペグに弦が巻けるというお助けグッズ。

こんな感じで使います。



ふた巻きがペグ2個分という目安もだいたいあってそうですね、(これはポストに横穴開いてる場合ね、クルーソンのように縦穴に差し込む場合は注意〜)

そして弦を巻くにはこれがあると便利ですね〜。



ストリングワインダー(別名:あるとべんりー)

こいつを使ってペグをクルクル回しちゃうんですね!

弦は下へ向かってきれいに重なったりしないように巻いていってくださいね。
弦をねじらず真っ直ぐきれいにポストに巻く、これが弦巻きの基本です。



こいつを使うと弦交換すると指が疲れる〜ということからもおさらば出来ますよ。

この木製ストリングワインダー(別名:あるとべんりー)は実はGCAの体験入学で自分で作れるんですよー

お持ちでない方はぜひ学校の方へ遊びに来て作ってみましょう
興味のある人はここをクリック→http://www.esp-gca.com/school/nagoya.html



これは4弦と3弦です。4弦は2巻きで3弦はちょいと1巻き多くしてテンションかけてます。
というように、こだわる弾き手の方はですね「何弦は何巻き」なんてご指定があったり。または自分でいろいろ試すときにこの弦は何巻きで、とか決めるときにこのストリンガーは便利なんですね。

特にアコギ弾きの方弦の巻き数には一度こだわって、いろいろ試してみるといいと思いますよ。巻き数が多くなると上の写真でもわかるように弦はだんだん下へと巻かれていくので、ナットにかかる弦のテンションも変わるので音色も変化します。自分の一番好みのバランスを探してみるのも楽しいですよ。

で僕はアーム大好き人間なんで可動部分やナットにはこいつをちょいとつけてやります。



潤滑剤ですね、当然ですがナット溝がきちんと切れていなかったり、ブリッジの可動部がスムーズに動いていなければこういう物をつけてもあまり効果はありませんが、正しく調整されたギターならばさらに安定しますよ。

後は軽く弦を伸ばしながら、チューニング。ここで素早くピッチが安定しないと嫌なんですよ、EVERLYはOKなんですね、で今回のSADOWSKYは...いいですね〜。
弦を張っているとその手ごたえでなんとなく感じがわかるんですが、このSADOWSKY張っていた感触としては弾力があるとういかしなやかな感じ。
実際弾いてみるとやはり、ハリがある中にもコンプレッション感があり独特のフィーリングがあります。新しい弦によくあるギラギラした感じはしないんですが、弦を弾いたアタック感はしっかり伝わってきますね。すごくリッチな感じ。あとコードを弾いた時のバランスもいいですテンションコードなんかの響きもきれい。
なかなかいい感じですね。ロックな感じではないかもしれませんが、AORやフュージョン系のギターにはばっちりかも。

今度オールローズのテレに張ってみるかな〜
【2009.09.12 Saturday 13:18】 author : MANIA | メンテナンス | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
【2014.05.30 Friday 13:18】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
【2014/01/11 10:31 AM】 - |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://ngca-yorozu.jugem.jp/trackback/11
トラックバック
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP