ギター萬箱 〜マニア〜

ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.05.30 Friday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
エフェクター製作の授業
 そろそろ、エフェクター製作の授業の時期ですね〜。

ということで、お家でエフェクターの整理をしないとな〜と。



とエフェクターケースの山ですな。

研究科では2つエフェクター製作するんですが、1作目はフェイザーを製作します。

いわゆるモジュレーション系ですね、モジュレーション系の話をするにはディレイ等の空間系
からの絡みで話した方がわかりやすいし......。

実際に音を聴いた方がわかりやすいしね。

大阪のライダー先生も大好き定番MXRのフェイザー

実は私も最近45を仕入れまして3兄弟そろいました。 



90はCUSTOM SHOPのリイシューですが。

DOD好きとしてはこれも



変態好きとしてはこれも



ということで、手持ちの機材で説明しながら授業しようと思ってるので、週末は機材整理しながら
授業準備しようかな〜てか自分がエフェクターで遊びたいだけだったりして。
【2010.10.22 Friday 00:39】 author : MANIA | エフェクター | comments(0) | trackbacks(0) | -
BEHRINGER
 先日出張で2〜3時間電車で移動〜!ということがありまして。

まぁ、そんな時の時間の使い方として普段読みきれていない
本や雑誌を読んだりするんですね。

楽器や機材系のムック本も各出版社から色々出ています、この手の本は後で買おう
なんて思ってると買いに行ったときにはすでに置いて無い〜 
ということもよくあるので、とりあえず興味あるものは買っちゃうんですが今度は読む時間がない〜と

そんなことがよくあるんですが、こういう時間に読んじゃうんですな。

ということで、先日は「THE EFFECTOR BOOK vol8」をペラペラと読んどりました。

今回のテーマは MODULATION PEDAL 。いわゆるユレ物系ですね。

フランジャーやフェイザーなんかですね。

この手の本を読んでると復習できたり、新しい最新機種のことがわかったりなかなか勉強になるんですが、気をつけないといけないのが、試奏インプレッションなんですね〜 

危険ですよ〜 

何が危険て、だって欲しくなっちゃうんだもん 

ユレ物の基本のMXRとかA/DAとか国産MAXON等はすでにチェック済みなんで大丈夫かな〜
と思ってたんですがなんと、ここでBEHRINGER 

「ROTARY MACHINE RM600」 いわゆる”あの”ロータリースピーカーの音が実現出来るらしい。
あの BARBEE BOYS の いまみちともたか さんがレビューで絶賛!

欲しいな〜、ユレ物の話をするにあたってその原点はロータリースピーカーだよな〜、あれにギター突っ込んで昔はユラシたんだよな〜、それを再現したくてフェイザーとか出てきたんだよな〜。

じゃあ、ロータリースピーカーで弾いてみたいじゃないですか、でもなかなかそんな機会は無いですよ、経験者のいまみちともたか さんがこの音だよ〜と絶賛してるじゃないですか〜。

えぇ、買いじゃないですか

ということで



あ〜、買っちゃいましたね!

注目は 



このツマミと切り替えSW

簡単に説明するとロータリースピーカーてでっかいPAスピーカーのような形で

その中に低音用のスピーカーと高音用のスピーカーが入っていてそれぞれのスピーカーが
グルグル回るんですね。
その回るスピードも変えられるんですよ。そうするとそれぞれの音が干渉しあって音がユレたり
独特の音色になるんですね。
右端がBLENDなんですがDRUMとHORNになってますがこれが低音スピーカーと高音スピーカーのバランスを決めます。
ちょいと隠れてしまってますがSPEEDのところのつまみがFASTとSLOW
これが独立して効くんですね。

実際に音を出してみると、なかなか感動ものです、高域の音と低域の音がグルングルンしてるのよくわかるし、ペダルを2秒間ホールドするとスピード切り替えも出来るし。

んん〜面白いですよ〜 

お試しするときはある程度しっかりしたアンプでしっかり音を出した方が、効きがわかりますよ。

私も家でマッチレスにつないでみて、お〜!となりました。

興味を持った方は店頭でぜひチェックしてみてね〜

【2010.07.12 Monday 23:23】 author : MANIA | エフェクター | comments(0) | trackbacks(0) | -
エフェクターまた増えた〜
 今日はぼちぼちいい天気でしたので、午前中はちょっと気になってたバイクのアクセルスロットルの
グリスアップと調整をしまして。



こいつをバラして



きたないので、きれいにしてグリスアップ

でワイヤーも



グリスアップ



ギターもバイクも気持ち良く使うにはお手入れは大事ですよ〜!

と普段ならこのあと峠へGO

なのですが、今日は昨日から一つの胸のつかえがありそれを解消しに
行くべきところがあったんですね〜!

ここからがエフェクターの話ですね 


昨日、YOUNG GUITARの最新号を見ていたらエフェクターの特集がありまして、
DVDに連動企画で音も聞けると。最近は新しいエフェクターもあんまりチェックし
てないしちょっと聞いてみるかな、と。

フムフムと聞いていると、お、これよくね〜?という1台に遭遇〜 
YGの記事で確認してみると、WhirlWindというメーカーのGold Boxというディストーション。

このエフェクターはあのMXRの創始者がオリジナルにこだわりつつも
トゥルーバイパスやLEDをつけて復活させたというエフェクター。
要はディストーション+な訳ですがDVDで聴く限りかなりいい!

さっそくお店で試奏してみましたが、うんなかなかいいぞ〜。
ディストーション+は自分でも作った事もあるし過去には試したこともありますが
あのディストーション+独特のアメリカンな乾いた感じはありつつもおまけしてくれる感じかな〜。

しかしよく考えてみると、オリジナルの70年代ディストーション+を
ちゃんと弾き込んだことてないな〜と、まずはそっちかと。

で、今日は地元の楽器店メロデ〇ーショップ〇〇ダ(別に伏字にする必要もないんですが
お店のおじさんに了解とってないんで)へ行きディストーション+を確認して胸のつかえを
取りたかったんですね。最近あんまり顔をだしてなかったんですが、確か何台かディストーション+があった記憶が。

久しぶりだったので、しばし歓談後お目当ての物を。

はい、3台ありましたね〜、ブロックロゴですがLEDなしの
70年代後半〜80年ぐらいのものでしょうか。

今日は自分のメインギターも持参 試奏したい事を伝えると。新しい電池とドライバーを渡されて上の部屋でごゆっくり〜と。このお店スタジオもあってバンド練習も出来るんですね。
ではお言葉に甘えて3台持ってスタジオへ〜!

アンプはお決まりのローランドJCがあるのでそいつで、で1台づつチェック!!
3台並べて試奏の図はなかなか絵になるな〜と写メ取ろうと思ったら携帯忘れた〜
なので写真がないんです、ごめんなさい。

中の状態もチェックしつつ弾き比べると面白いもんですね〜
音はみんなディストーション+なんですが若干ニュアンスが違うんですね。
1台はすごくきれいな状態で音もハリが強くて前に出る感じ
もう一台は少し抜けは落ちますが太さがある
最後の1台はあのディストーション+のアメリカンな歪もありつつファット感も。

う〜ん、と唸りつつ3台並べて次々としばし弾き比べ〜 

僕的にはこいつがベストという1台を決めました。

てか、最初はオリジナルのディストーション+を確認しにきたはずだったんだけどね〜。
なぜか1台決めちゃったね〜 

今回は貴重な体験させていただきました、今やも30年前のヴィンテージエフェクターを3台引き比べなんて出来て幸せでした。

てか幸せ感とともに私のお財布は軽くなり、手元にはこいつが



今更ディストーション+なんて言わないようにね〜、今まではDOD250オンリーでしたが
あ〜また増えていくのか〜 
【2010.01.10 Sunday 17:52】 author : MANIA | エフェクター | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP