ギター萬箱 〜マニア〜

ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.05.30 Friday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
George L's シールドケーブルがお気に入り!
部屋の工作室のZランプの球をLEDにしたぜ



これで明るくなって、お目めにもいいのだ!



突然ですがシールドの話〜!

エレキギター&ベースてのはエレキてぐらいですから、楽器本体とアンプとそれをつなぐシールドがあって初めて音が出る。

世の中にはそれはそれは、沢山のシールドが存在しているんだけれどどれが良いのか?

悩むよね〜?

今までシールドなんてなんでもいいやと、思っててかた一度お友達のシールド集めて弾き比べしてみてください。結構違いますよ〜。

で、どれが良いのか?    




まぁ、好みなんですけどね 、
でも色々弾いてみないと自分の好みてわかんないからね、みなさん頑張って
弾き比べてみてください。

私も色々弾き比べてみました、友達の借りたり、自作したり、購入したり。
定番でいえばBELDENこれも代表的な品番は自作して試してみました。
MOGAMIなんかも有名ですよね。

私の個人的な好みでいうと「George L's」なんですね〜

こいつの「155」が良いですね〜。「225」という少し太いやつも試しましたが「155」ですね〜。

このGeorge L'sの155というケーブル、普通のギターケーブルより細いんです。



こんな感じ〜

でこのケーブル専用のプラグがあります。何種類かあるんですがこんなヤツです。




プラグに穴が開いていてそこにシールドを突っ込んで、プラグに見えてるマイナスネジをねじ込むと
完成!というすぐれもの。

こんな感じね!



L字も出てるしも少し長いのもあるし、これでも良いんです。
実際ブルーはこのプラグ使ってます。


しか〜し、半田でねしっかりと止めたプラグバージョンも欲しい 
作業自体はそんなに難しくないけど、半田の種類、付け方、半田の量なんかで音も変わるとか......
さらに「おいき」になった方は半田をブレンドするとか、しないとか。

奥は深いのです 

いままではこんな感じで使ってました。

 



ブカブカなんですね、ちょっとひっかけると線が切れやすかったり。

で先日改良方法を思いついたんです。

ハンズで物仕入れて工作開始〜。

今付いてるプラグをはずしてと、こういうときこんな物あると便利ですよ〜。



小さい万力〜、ギター製作での細かい作業が多いんでハサム所に木を張り付けて
傷がつかない様にしてあります。
万力ネタ他にもあるんでまた今度ね〜。

シールドはこんな感じ



被覆剥きます



線の処理



チョイブレぎみ?

改良点のゴムチューブを付けて、止めます。



完成〜 



ちょうどこのシールドの径とプラグの径に合うチューブがあったので良かったです。
これで少しは安心かな。

この写真のなかでシールドの色ブルー、レッド、ブラックと3色出てきましたがこれがまた、音の方向性が違うんですね。

僕はブラックがベスト!

ハム系だとレッドかな〜。

なかなか奥が深いです、最近あんまり新しいのチェックしてないからまたいろいろ探してみようかな〜。

でもね、最後は好みです!
 


【2010.04.11 Sunday 21:29】 author : MANIA | メンテナンス | comments(1) | trackbacks(0) | -
弦張り〜続き〜
 皆さん弦を張るにはまづパッケージから弦を出して、袋から弦を出しますよね。

当たり前〜、なんですがここで1ポイント!

弦はパッケージに納めるためにグリングリンと巻いてあるので、巻き癖がついている物もあります(中にはちょっとヨレちゃってたり)まあ製品のパッケージ形状からいってしょうがないんですがこれをできるだけ真っ直ぐに伸ばしてあげましょう。

と言っても無理にギュ〜と引っ張ったりはしなくてもいいですよ、ぱら〜んと巻きをほどいたら軽くしゅ〜としごいて捻じれや、巻き癖を出来るだけ取っておきましょう。
これだけでも弦の素直な振動を妨げないという効果はあるんじゃないかな。

ところであのパッケージの形状大きさて大体同じ感じですよね、誰が決めたんすかね?僕がギターを弾きはじめた時からな〜んも変わってないっす。一時期巻かずにストレートなままで売ってたりしてましたがあんまり定着しませんでしたね。(ま、お店に置いておくには邪魔だもんね。)

でブリッジに弦を通して張るわけなんですが、ここでも先ほど言った弦の捻じれなどには注意ですよ。ポストに巻きつけるときにビミョーに捻じれたり、また初心者の方は弦交換に挑むだけでちょっと緊張〜なんとか巻くだけで精いっぱいなんてことも。慣れやコツもありますのでどうもうまく張れませ〜んという方学校の体験入学なんかへ遊びに来てください、お教えしますよ!

ブリッジに通した弦をポストの方へ軽くしごきながら捻じれをとり持ってきます。
さあペグに巻きつけていくわけなんですが、いったいどれぐらい巻いていけばいいのでしょうか?
やっぱり適切な巻き数というものがあるんですね。
少なすぎると最悪弦が外れたり、ゆるんだり。多すぎるとチューニングの安定性に問題が出たり。
一般的にはペグポストに2〜3巻きを目安に巻いていきます。


この2〜3巻きというのがなかなか曲者ですよね。
ちょいと頭のいい方はペグポストの径を測って計算すればうんぬんかんぬん....と申しますが。

ペグの種類、ギターやベースの種類によって若干変わってきますが、ギターの場合大体ペグ2〜3個分ぐらいを目安にするといいかと思います。

が、実はこんな物もあるんですよ



はいESPから出ております「STRINGER」

右の方に穴が開いてるでしよ、ペグをその穴に通して書いてある数字のところで巻いていけばその数字の回数ペグに弦が巻けるというお助けグッズ。

こんな感じで使います。



ふた巻きがペグ2個分という目安もだいたいあってそうですね、(これはポストに横穴開いてる場合ね、クルーソンのように縦穴に差し込む場合は注意〜)

そして弦を巻くにはこれがあると便利ですね〜。



ストリングワインダー(別名:あるとべんりー)

こいつを使ってペグをクルクル回しちゃうんですね!

弦は下へ向かってきれいに重なったりしないように巻いていってくださいね。
弦をねじらず真っ直ぐきれいにポストに巻く、これが弦巻きの基本です。



こいつを使うと弦交換すると指が疲れる〜ということからもおさらば出来ますよ。

この木製ストリングワインダー(別名:あるとべんりー)は実はGCAの体験入学で自分で作れるんですよー

お持ちでない方はぜひ学校の方へ遊びに来て作ってみましょう
興味のある人はここをクリック→http://www.esp-gca.com/school/nagoya.html



これは4弦と3弦です。4弦は2巻きで3弦はちょいと1巻き多くしてテンションかけてます。
というように、こだわる弾き手の方はですね「何弦は何巻き」なんてご指定があったり。または自分でいろいろ試すときにこの弦は何巻きで、とか決めるときにこのストリンガーは便利なんですね。

特にアコギ弾きの方弦の巻き数には一度こだわって、いろいろ試してみるといいと思いますよ。巻き数が多くなると上の写真でもわかるように弦はだんだん下へと巻かれていくので、ナットにかかる弦のテンションも変わるので音色も変化します。自分の一番好みのバランスを探してみるのも楽しいですよ。

で僕はアーム大好き人間なんで可動部分やナットにはこいつをちょいとつけてやります。



潤滑剤ですね、当然ですがナット溝がきちんと切れていなかったり、ブリッジの可動部がスムーズに動いていなければこういう物をつけてもあまり効果はありませんが、正しく調整されたギターならばさらに安定しますよ。

後は軽く弦を伸ばしながら、チューニング。ここで素早くピッチが安定しないと嫌なんですよ、EVERLYはOKなんですね、で今回のSADOWSKYは...いいですね〜。
弦を張っているとその手ごたえでなんとなく感じがわかるんですが、このSADOWSKY張っていた感触としては弾力があるとういかしなやかな感じ。
実際弾いてみるとやはり、ハリがある中にもコンプレッション感があり独特のフィーリングがあります。新しい弦によくあるギラギラした感じはしないんですが、弦を弾いたアタック感はしっかり伝わってきますね。すごくリッチな感じ。あとコードを弾いた時のバランスもいいですテンションコードなんかの響きもきれい。
なかなかいい感じですね。ロックな感じではないかもしれませんが、AORやフュージョン系のギターにはばっちりかも。

今度オールローズのテレに張ってみるかな〜
【2009.09.12 Saturday 13:18】 author : MANIA | メンテナンス | comments(1) | trackbacks(0) | -
再開?復活?大丈夫か〜
いや〜本当に放置状態で


いいかげんにしなさいよ〜、いまに痛い目にあうわよ〜(byフラットバッカー)80’ジャパメタ好きの方のみ笑ってね! ということで、44MAGNUMもDEAD ENDも新譜が出るらしいので僕も頑張って更新しま〜す。

よって名古屋な日々は他の講師の方々にお任せして、萬 MANIAに専念していこうかなと決意も新たに!
ま、名古屋な日々では「峠の爆音」としても書かせて頂いてたのでこちらでももう何でもかんでも「萬」書かせてもらっちゃおうかな〜!


で、久しぶりに何を書こうかなと考えたんですが、え〜
弦交換の話でも。

なんでいきなり弦交換?と言う事なんですが私はお家へ帰るとこんな感じにPCでサーフィンするんですね。



KISSのフィギュア



とか



レクターのキューピーとかはほっといてね。

ここずっとPCの調子がよろしくなくて、よくフリーズします。そんなとき再起動しながら手がギターに伸びる訳ですよ。そんな時弾くフレーズは手癖みたいなものが多く弾くポジションやフレーズは似たり寄ったり、で弾いてたらバチッと弦がよく切れる。

で弦交換、安直〜なんて思わずにおつきあいを。小ネタなどもはさみつついきますので。

ここ数年弦はこれ、
とこの弦ばかり使ってるんだけど



「Everly」のオネエチャンのほう。弦を張ったときのピッチの安定性、バランス、弦の固さ(タッチ)、アタック感どれも満足させてくれる弦です。
あ、これは個人的な好みの問題ですからね、この弦が最強、最高と言ってる訳ではないですよ。皆さんもいろんな弦張ってみると良いと思いますよ。音色、弾きやすさそれぞれ違いますからね。


しか〜し!


私もいくら「Everly」が気に入ったからって何年も他の弦を試さないのはイカンぞと思い今回は



「Sadowsky」のBlue 前々からBB名古屋で見かけるたびに気にはなってたのでこれは良い機会だなと、ちょいとお高い弦ですが奮発しましたよ〜!
今回はこの弦を使って弦交換をしてみましょう!!

ということで続きはまた明日〜!
【2009.09.09 Wednesday 15:11】 author : MANIA | メンテナンス | comments(2) | trackbacks(0) | -
自宅で出来るメンテナンスなどPart.2
前回の続きで〜す。

ブリッジもバラしてみたことだし、ピックガードも外して中を見てみようかな?



おおっと、良く見てみると、アウトジャックとピックガードアッセンブリーがコネクターで繋がってますね〜!
もっとよってみましょう!



これなら、このコネクターをポチッと外せばピックガードのアッセンブリーはすぐ取り外せますね。半田いらず。
逆に言えば、生産時にピックガードのアッセンブリーを別のところで作っておいて組み込みではコネクターパチッで出来ちゃうという実にレオフェンダーらしい仕様ですね。

さらによく見てみると、ブリッジアースがコントロールザグリにネジ止めされて落としてあるんですがこのコントロールザグリではあまり意味がないですね。アッセンブリーを外して確認してみましょう。





外したコネクターがヒョロ〜ンと出てる他に、コントロールザグリの右側の壁から2本線が出てるのがわかりますか?その線がボディにネジ止めされてます。
この2本の線はブジッジアースとジャックのアースなんでキチンとアースに落とさなきゃいけないんですね。普通ならポット裏に他のアースと同じ様に半田止めしちゃうんでしょうけど、アッセンブリーはコネクターでパッチンですからここを半田止めしちゃうと意味が無い。

でもこのままでも意味が無い、じゃあどうすんべか?
普通はコントールザグリをシールディング処理して、そこに落とします。シールディング自体は色々なやり方があるんですが今回はコントロールの中を導伝塗料(簡単に言うと電気を通す塗料)を塗り、ピックガード裏に貼ってあるアルミシールとでシールディングします(導伝塗料は少しだけボディにはみ出す様に塗りピックガードのアルミシールと触れる様にしときます)。

 導伝塗料を塗るとこんな感じです。

これで、さきほどと同じ様にコントロールザグリに線をネジ止めすると、アース線はこの導伝塗料を通じて(電気を通すからね)、導伝塗料はアルミシールと触れているのでアルミシールを通じて、アルミシールはピックガード全面に貼ってあるのでそこに留めてあるポットと触れているので、これで無事にアースが通じた事になるんですね。ややこしいね、わかりずらい方は体験入学の配線を受けてみよう! ゆっくり解説させていただきます。

と無事にアースも落とすことが出来たので、後は各パーツを組み込んで調整ですね。

弦を張って、弦高調整。

 
これが出来なくて今回やりはじめたんだな〜。非常にスムーズに動く様になりました。

ネックの反りも見ておきましょう。

 
こんな道具も有ります。今回はネックの状態はいいですね。

もう一度チューニングして、オクターブピッチも合わせておきましょう。



ブリッジの駒はこんなふうに並ぶはず。



これで今回のメンテナンスは終了! 弦高調整が出来る様になったんで、良いセッティングに持って行く事が出来ました。ホントに少し弦高を変える事や、ネックの反りを直すことでギターやベースて弾きやすくなりますよ!
このブログを見てやってみたいけど、自分一人じゃまだ怖いそんな方も多いと思います。
そんな時は、楽器持参で学校に遊びにきてみてね!

さて次は何書こうかな〜て、レスポールの話が浮いたままだったね。





【2009.02.21 Saturday 12:39】 author : MANIA | メンテナンス | comments(0) | trackbacks(0) | -
自宅で出来るメンテナンスなど
いや〜ほんとにスンマセン!! 1ヶ月も放置しちゃいました。

また頑張って書いていきますので、今年も宜しく!てもう2月2週目じゃん。

ず〜いぶん前に今度はレスポールについて話すよ〜なんて言ったんだけど、今日は知人にお願いされたギターのメンテなんかを紹介しちゃおうかな。

今回依頼されたギターはMUSICMANのSilhouette(シルエット)というギター。実はこのギター存在自体は知っていましたが、個人的にはノーマーク。スティーブ・ルカサーやキース・リチャーズなども手にしていたギターですが今まで手にした事がありませんでした、今回実際にいじってみて良いギターだなーと実感した次第です。う〜んレオ・フェンダーはやはり偉大だ!(MUSICMANはレオ・フェンダーがいた会社だよ知ってた?)

これがそのギターです。



まさに自宅で出来るメンテナンスという事で、生活感あふれる雰囲気が写真からただよってまいりますが正しい知識と最小限の道具でこれぐらいのメンテは出来ますよ、という事が伝わればいいかな〜と思っております。
AC/DCの新譜なんぞを聴きながら。

今回おこなったメンテナンスは、ネックの反調整、弦高調整、指板/フレットクリーンアップ、シールディング処理、そして全体の組み込み調整。こんなところです。

このギター、持ってみたところ弦高が高いな〜と思い原因をチェックする事に。
まずはネックの反りをチェック、順ぞりがひどいとネックの真ん中あたりの弦高が高く感じるからね。
少し順ぞりが出てましたが、そんなにひどくない。ナットの溝もいい感じ、じゃあブリッジのサドルが高いということか。とこれを下げてみましょうとレンチで回してみる。



んん、6弦と5弦のサドル高さ調整のビスが回らん!固い。
長年使い込んでくるとこれも良く有るトラブルですね。この調整ネジ、ブリッジサドルについているんでギターを弾く時に手が当たるんですね、で汚れやホコリが溜まってひどい場合はレンチが入らなかったり今回の様にネジが固まって回らなくなったりします。(無理矢理回そうとなんてしないよ〜にね!ネジ山なめちゃうからね〜。)

ブリッジはバラしてお掃除しないと駄目そうなんで、一度弦も外してブリッジをバラしてその間に指板/フレットのクリーンアップをする事にしました。
弦を切るときは、喰切りを使います。普通のニッパーでは刃をいためてしまいますよ。喰切りの刃は固く焼きが入っているので細いビスならこれで切れちゃいます、マッチョ先生なら太いビスでも.............。



ではブリッジをバラしましょう。
これがブリッジですね。



今回は固着してしまったビスがあったし、錆びなんかも出てて動きがにぶい物もあったのでバラせるところまでバラしてお掃除します。
ブリッジから駒を外しましょう、ブリッジ後ろのオクターブ調整のビスを緩めていくと外れます。バネが入っているのでなくさない様に。



  こんな感じにバラせます。

全部外すとこんな感じ。



ブリッジプレートもかなり汚れているようなので、取り外してチョッとレモンオイルを付けて磨いてあげます。
このシルエット塗装のラッカーがだいぶ動いたようでブリッジが塗膜に付いてしまっていて外すのに苦労しました。

  キレイになりましたね!

で、バラしたパーツは謎の液体へ一晩浸けておきます。



その間に指板の磨きをしましょう。
指板をよく見てみると汚れが目立ちますね、でも毎日ギターを弾いていれば普通ですよ。(弾いたあとはちょっとクロスで拭いてあげるとだいぶ違いますよ〜。)



指板はレモンオイル(ここではオレンジオイル)をティッシュやウエスなんかにチョッとつけてゴシゴシと磨きます。

 オレンジオイルを

 チョッとつけて

 ゴシゴシと

汚れてましたね〜!



こんな感じで指板全体を磨きます。そうすると、

 キレイに汚れも取れました。

フレットもくすんで曇ってたんで、磨いちゃいましょう。
普段良くやるフレット磨きの手順は、指板をマスキングして、スチールウールできれいに磨き、コンパウンドでピカピカにする。といった感じなんですが、今回はBIGBOSSによった時に目に入った金属磨き用クロスなるものが気になり購入。指板にキズが入らない様ガードを当てて磨きます。





え〜1日経ちましてサドルを例の液体から取り出し、良く拭きながら磨き上げて、ビスを回してみます。
あ、スムーズに回り取れましたね。かなり固着してたんですがよかった、よかった。

 

汚れも取れてピカピカです。他のビス等も浸けておいたので全て取り出し、拭取り、磨き。

  ブリッジパーツピカピカになりました。

今回はここまでにしようかな。

ギターのメンテナンスやお手入れをしてキレイになったギターを弾くのは楽しいですよ〜!
自分もやってみたーい!!と思った方ESPギタークラフト・アカデミーのメンテナンスセミナーや体験入学へ来てみてね!!

次回はすぐ書くからね〜!
【2009.02.09 Monday 14:27】 author : MANIA | メンテナンス | comments(0) | - | -
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP